マリアノ・リベラがMuseo Paniniを訪問 (Gazzetta di Modena)

MBLで活躍したパナマ出身のピッチャーだったマリアノ・リベラがMuseo Paniniを訪ねた。

マリアノは予てよりMaseratiに興味があり、モデナにあるマセラティの歴史博物館であるMuseo Paniniを訪ねました。当日は博物館館長のMateo Paniniが案内と説明に同行した。歴代マセラティ車の中でも特別なモデルであるTipo420M‐58(通称はエルドラド)などを見て、最後にLevanteにも試乗して驚きと感動の一日だったようだ。「この機会を私に与えてくれたMateo PaniniとMaseratiに感謝!」

記事はGazzetta di Modenaより

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です