スーパーSUV(Quattroruote)

サンタアガタ・ボロネーゼは来年発売されるLamborghini Urusに社運を賭けているようだ。

年間生産台数3,500台を達成する見込みだが、当面は2倍の7,000台を目標としている。それは労組との約束なのだそうだ。それ故、サンタアガタ・ボロネーゼの工場は、相当な設備投資をして生産台数の向上を図るようだ。SUVはFerrariを除くイタリアの全てのメーカーが販売することになるが、私は最近のLamborghiniの販売台数はGallardoやHuracanのヒットをそのまま受けてUrusも間違いなく売れると思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です