ドイツでギブリの2018年モデルがテスト走行

Quattroruoteによると、既に2018年モデルの新しいGhibliがドイツで走行テストしている写真が公開されている。

試作車を見ると、新しいGhibliのフロント周りは、アルフィエーリに似たようにリニューアルされている。リアについてはそれ程奇異を狙っていないようだ。フロントの案は、実際にはもっとグリル開口部は空気取り入れにもっと大きかったようだ。ヘッドライトは現行モデルのようだが、このあたりは再度やり直しになることもありえるようだ。LEDのデイライトは今や少し古めかしく、フルLEDシステムとするようだ。内装もリファインされ、Levanteに導入された各種の自動運転支援システムやMTC Plusシステムも改良版が導入される見込みだ。エンジンは現行V6エンジンより更にパワーアップされるようだ。同時にプラグインハイブリッドエンジンは、まずはLevanteに先行導入されるとのこと。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)