パトリス・デュクロス氏を任命して新体制

ClubAlfa によれば、3年前に西ヨーロッパ本部長であったグイド・ジョヴァネッリ氏はMaserati Japan Ltd.に異動(2016年11月1日)、2017年3月以降は西ヨーロッパ本部長にパトリス・デュクロスを任命した。

http://www.autoactu.com/patrice-duclos-nouveau-directeur-general-de-maserati-west-europe.shtmlより

彼はフランス・ボルドーのビジネススクールを卒業後にFCAグループに入社、その後グループ内の各セクションで早い段階でキャリアを積み上げ昇格、Fiat・AlfaRomeo・Lanciaなどで製造マネジメントや経営管理に携わってきた。年齢43歳の彼は「私の目指すところはここ4年間に達成しているブランドの成長をチーム一丸となり成し遂げ、更に来年は社のボリュームアップを支援に向けて重大な年となる。」と抱負を述べている。今回の人事異動は、ご存知の通り2018年末には年間販売台数7万台の計画を達成するために、更なる社の成長を期しているのだ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です