モデナのマセラティ工場に労働者戻る

Gazzetta di modena とClubAlfaによれば、6月からモデナの工場が再開されるそうだ。

今年1月から続いていた雇用調整協定は終了して6月から再稼働することになった。Maserati工場で働く従業員にとっては朗報である。ついに5か月間続いた操業停止は解除され、6月から1,350人の全従業員が仕事に復帰したことになる。継続安定されるよう望まれる。GranTurismoとGranCabrioはロングセラーモデルだが、限定シリーズがリリースされる。そして4C CoupeとSpiderも毎年4,000台が組み立てられる。

ジョルジョ・ウリーティ氏は労組組合書記長によればこのように明言した。「この5か月間は操業するには最新モデルのGranTurismoとGranCabrioに適合した施設としての許可が滞っていたが、200人の従業員へ公正に仕事を割り当てよう訴えた。」

Maseratiのモデナ工場の次なる目標は、同じくウリーティ氏の資料に強調されている。将来に向けて、モデナで実現化させるおそらく現行GranTurismoとGranCabrioを現役を引退しだろう。新しいMaseratiを特徴づけるだろう。この2つのスーパーカーは2018年末まで製造され、その間にスペシャルシリーズもあるだろう。

 

モデナのマセラティ工場に労働者戻る」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)