イタリアではマセラティオーナーの91%は男性、ランチアは65%が女性

イタリアでは最近5年間の統計資料に興味深いデータがある。

Maseratiオーナーの91%は男性オーナーで、年齢層は50代半ばの中高年層が多いのだそうだ。まれに若い方では富裕層に限定されるそうだ。ここにグラフで表示されているので、ご覧ください。逆にランチアは若い女性オーナーが最も多いという結果が表示されています。(女性オーナが65%、うち平均年齢が47歳)

結論からすると、Maseratiオーナーはオジさんか、あるいは金持ちのボンボンに限られるということでしょうか・・。Lanciaは、現在Ypsilonしかラインナップにありませんが、若い女性には相当人気がありSmartやMiniと並んでいる。今やLanciaとは女性のクルマというイメージか??(昔を知るLancistaにとってラリーでの活躍や先進的な革新技術が売りだったLanciaからほど遠い印象にとても寂しい)また若い男性にはAlfaRomeoの人気がある。何故か比較的年齢層の高い女性にはSuzukiやToyota、Fiatとなっている。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です