マセラティとアルファロメオが離脱?その2

ClubAlfaによれば、先日リークされた「マセラティとアルファロメオの離脱する噂」について、今は無いと言及している。

これは先日、FCAグループのCEOであるセルジオ・マルキオンネが同グループの将来に向けての重要な局面について、言及した。マセラティとアルファロメオについて中国企業への売却や切り離しについて、しばらく前からフェラーリのように分離独立に非常に似た展開だと、リークされているが、マルキオンネによれば、それについては「ほほ不可能」であり時期尚早であり、可能にするにも時間を要するだろうと述べた。

マセラティとアルファロメオは2014年に公表した事業計画の改革について、未達であり、マセラティについては、2018年度内に販売目標7万台を達成するにあたり、最も近づいている。また、アルファロメオは計画に向けて、最初の行程でありまだ長いプロセスがある。ジュリアとステルビオを販売し、2020年までに販売台数年間40万台になるだろうと、さらに6モデルを市場に投入予定がある。

マセラティとアルファロメオの分離独立の可能性のためには、それゆえ実際には、もう少し待機する必要があり、今のところFCAの首脳部によれば、この重要なステップを達成に向けては、機は熟していないと結論している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です