フェラーリは自動運転と完全電化はしない・・。

Investireoggiでフェラーリの極東・中東CEOのクネヒテル氏からは、最近、自動運転と完全電動化のフェラーリの将来において可能性は考えられないと述べた。

フェラーリの考え方は、そのような方向性はブランドとして合わないと明らかにした。ラ・フェラーリのようなハイブリッドシステムは導入しているのだが、実際には燃費向上よりむしろ性能向上を主に関心を寄せている。それ故、自動運転に関して我々の顧客が見る事はないと・・。我々にとって電化はとても重要であるが、マラネッロに依る100%の電化は無いだろうと述べた。フェラーリの顧客は運転すること自体に意義がある。それ故、自動運転は相反するもので、顧客を捨てることは出来ない。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です