ウラカンとアヴェンタドールの後継モデル

OmniAutoによれば、2022年に、ウラカンの後継モデルはハイブリットななるそうだ。また、アヴェンタドールの後継モデルは引き続きV12 自然吸気のエンジンを搭載するそうだ。

これは、発売まじかのランボ初のウルスの形態から革新の準備を進めているようだ。ウルスは最新のアウディベースの4リットルのV8ツインターボで駆動するが、それだけに留まらず、ランボ初のプラグインハイブリットもあり、ランボルギーニの電化に向けての栄誉を担うことになる。ウラカンの後継モデルもこのことについて享受さらるだろう。CEOのステファノ・ドメニカリはオートカーのインタビュウに対し、「ウラカンの後継モデルはハイブリット化が必要です。ハイブリット化は回答だが、100%の電化ではない。」と打ち明けた。

未来のV10エンジンの根本的なステップは、新しいバッテリー(個体電池)をマサチューセッツ工業大学と数多くの合弁企業により、電気モーターがパワーアップしたおかげである。ポイントは蓄電エネルギーであり、もしサーキットを全周したいのであれば、ハイブリット車でニュルブルク リンクのサーキットを走ることを想像すると、技術開発と模索が必要であると。ウラカンはスーパースポーツであり、ウルスのように簡単ではないと述べている。

逆にアヴェンタドールの後継モデルは違った論点で、唯一のV12自然吸気エンジンとするだろうと・・。何故なら顧客はランボに対する思いを、自然吸気のエンジンの性能について、探求している。それ故、我々は自然吸気V12エンジンを残すことを決めた。そしてその唯一をアヴェンタドールに与えることに判断した。ハイブリットでもターボでもない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)