来年からF1復帰か?アルファロメオ・・(その2)

以前にも書いたが、ここへきて実現に向けて動き出しているようだ。

QutotidianoClubAlfa によれば、来年アルファロメオはF1復帰への準備は整っているという。ザウバーにエンジン供給しているフェラーリがアルファロメオのエンジンとしてザウバーに提供するというのだ。課題はあるのだが、その一つはザウバーのドライバーだ。若手F2チャンプのシャルル・ルクレールがほぼ確実になった。もう一人ドライバーにアントニオ・ジョビナッツィの名前が挙がっているが、まだ流動的だ。フェラーリのCEOマルキオンネは、販売戦略としてジュリアとステルビオのイメージアップにもアルファロメオのF1復帰は欠かせないと明言している。

しかし、レオ・トゥリッニ氏は、ザウバーが若手2人のドライバーにハンドルを握らせ、チームの技術的開発に競争するならば大丈夫だが、単なるブランドのメーキャップだけなら、サーキットでの進歩はないし、アルファロメオのよる恩恵は理解できないと・・警告している。何故ならアルファロメオはフェラーリの母だからだと・・。スパーリングパートナーだけで帰るのは、許すことは出来ないと・・・アルファロメオを軽く扱ってはいけないのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)