これがマセラティF1だ

ClubAlfaによれば、マセラティF1はこんな感じになるだろうと描いている。

アルファロメオのF1復帰がアルファロメオザウバーF1として公式に発表された後、他イタリアメーカーのF1レース界の再登場の可能性もあるというのだ。FCAグループは、実際にマセラティをサーキットに復帰させる可能性を検討している。仮説については違いがあるが、フォーミュラEのデビュウ以上に、F1についてはアルファロメオと似たような協定の話があるという。それはもしかしたらハースF1チームとのコラボになるかもしれないと言う。

さらにいくつかの公式的な詳細について期待の中には、ルカ・ラッジーニのデザインによる現実に近く描かれた興味ある一連のデザインを提案されている。現時点では、レース界における未来のマセラティについて、まだ不確定であるが、FCAグループは復帰に関する関心は、とても強いと言う。アルファロメオがF1への復帰になった後は、マセラティのF1復帰へ向けての機は熟しているのでは。。。とコメントしている。今のところ、F1に復帰については、相当困難なシナリオであると思われている中で、フォーミュラEのデビュウの実現は可能になると言う。そして2020年には、100%EVの初の市販車を実現する予想をしている。もっと詳しく知るには継続的に、読んで頂きたいとコメントしている。

名門復活は全てのマセラティスタの夢である。

これがマセラティF1だ」への2件のフィードバック

    1. 私もそう思います。かつては、マセラティ・フェラーリ・アルファの三つ巴の戦いもあったのですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)