124GTがジュネーヴでデビュウする

ClubAlfaによれば、3月のジュネーヴショウで、フィアット124GTがデビュウすると言う。

これはマツダMX-5 RFの姉妹車となるが、RFのようなファストバッククーペではなく、ノッチバックの古典的なメタルルーフになると言う。 もちろんスポーティなアバルトバージョンも提案されるだろう。このスパイフォトはスペインのバルセロナでアバルト595ピスタと共に補足されている。アバルト595ピスタもジュネーヴショウでお披露目されることになる。

124GT は、124スパイダーと同じエンジンで、つまり1.4リットルのマルチエアで140馬力(6速ATMも同じ)とされる。アバルトバージョンは170馬力になる。そして装備が充実したヴァージョンと軽量化したスポーツモデルも用意される。

今のところ、MX-5の標準モデルの価格より2,500€以上を提案され、30,500€の価格とされるだろう。アバルト124GTは、おおよそ39,500€の価格が提案されるだろう。デビュウ時期は今年上半期の終わりつまり6月から初夏と予想される。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)