来年からモデナ工場でEVカー生産開始か?

ClubAlfaModena Todayでは、将来のマセラティに向けての次期計画の1つは、初のスーパーEVカーの生産のスタートをしなければならないと掲載されている。計画は既に先月確認されておりカッシーノ工場を生産拠点に2020年内にステルビオベースのDセグメントSUV計画と同等にマセラティの事業計画の中心でなければならないと・・。

初のマセラティ製EVカーはコンセプトカーのアルフィエーリからの多くの部分を提供されなければならず、モデナの工場で2019年内に既に生産に入ることが出来るだろうと述べている。現在のグランツーリズモとグランカブリオの生産の終わりの次に来るものが、現実味を帯びてきている。市長のねらいは、モデナでマセラティ初のEVカーの生産をスタートさせることにある。計画は実際には周囲の雇用水準まで強い影響をもたらことが出来うると述べている。

モデナ市長からいくつかの宣言している。:①モデナでEVカーの研究開発は市内で生産も2019年から現実味が増してきている。②アルファ・マセラティ研究開発センターは、フェラーリから新しい投資も増強されている。③マセラティにおいて、私はマセラティ初のEVカーの約束はモデナでだから出来ることを念願する、これは、我々にとって前向きな新たな目標でもある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)