ギブリ・リべッレ登場

ClubAlfaによればマセラティは、ヨーロッパ・中近東・アフリカ地域限定モデル「マセラティ・リベッレ」を来月の10月から販売すると発表した。200台の限定モデルだ。

リベッレはイタリア語で反逆する、または反抗的なという意味です。一見するとギブリ・スカテナートと見間違いますが、ディテールは違いがあります。シートは赤と黒のコンビネーション、ダッシュボードも赤と黒のツートンとなり、コンソールはピアノブラックを基調としています。また、限定生産モデルのシリアルプレートも取り付けられています。

ホィールは19インチのマットブラックで赤色に塗られたブレーキキャリパーを装備します。エンジンはマラネッロで作られた350馬力と430馬力の2種類のV6ツィンターボエンジンとフェラーラにあるVMモトーリ工場で作られる 275馬力のV6ターボディーゼルエンジンがある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)