その後、モデナのマセラティ工場はどうなる(その4)

Modena Todayの記事では、4か月間の雇用調整協定が結ばれたと掲載されている。

そう労組は告知して、不運にも平然とし中、臨時の裁量をサポートしていると言っているが、2019年についてのマセラティ工場の稼働についてはいまだに疑問符が打たれている。閉店休業状態は11月2日から来年2月24日までの合意協定だ。ここ数か月の受注下落を考慮しながら、この4か月間の労働者の確保が必要で、毎月話し合いを持たれることになった。いずれにしても来年1月の話し合いでは、工場の製造計画、現行のグランツーリズモ・グランカブリオ・4C・4Cスパイダーに加え、ニューモデルについても待っているが、全労働者の雇用は補償出来ないとしている。また、4か月間で工場内で労働者の給与保護の観点から育成プログラムを設けるとしている。来年の1月の会議が将来のモデナのマセラティ工場の行く末が見えてくるのか??

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)