フェラーリとマセラティは800Vの急速充電システムの独自のEVエンジンを開発しているのか

ClubAlfaによればAUTOCARのニュージーランドからのレポートに、フェラーリとマセラティは800Vの急速充電システムのEVエンジンを共同開発をしてると言う。とりわけ、800Vのシステムはフェラーリとマセラティ向けのプラグインハイブリッドとして次世代ラインナップとしての開発だと言う。

フェラーリとマセラティは、アストンマーチンやポルシェなどの他社が採用する直流方式DCには興味がなく、フェラーリとマセラティは独自の急速充電システムを設計している。AUTOCARのニュージーランドによれば2メーカーによって開発される技術は、最初にマセラティ・アルフィエーリに2022年までに搭載されると言う。エンジン性能は、0-96kmを2秒を切る速さと、最高速度は300kmを超えると言う。アルフィエーリは4DWとアグレシッブな空力特性のキャラクターを与えられ、フルEVエンジンとプラグインハイブリッドのヴァージョンも提案される必要があると言う。

また、フェラーリについてもEVスーパーカーの構築については興味を示しており、たとえマーケットに提供される最初の高性能EVスーパーカーでないにしても、故マルキオンネ氏が亡くなる前に、開発の確認を明言している。さらに新CEOであるルイス・カミレリ氏も全てのこれからのエンジン性能は、V12・V8・V6はプラグインハイブリッドを含んだものであるが、Ⅴ12は1部に従来の燃料供給も残るとアナウンスしている。マセラティのEVエンジンのV8とV6を最大限利用することが出来ると述べている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)