フィアット500Eによってミラフィオーリ工場は再生される

Investireoggiによれば、FCAグループのミラフィオーリ工場は2020年初めまでに、新しいフィアット500のEVカーを作り始めなければならないと述べている。

最近、FCAグループCEOのマイク・マンリー氏は、ミラフィオーリ工場でフィアット500Eを製造することを告知した。とても重要なモデルであり全世界に向けて販売され、さらにピエモンテ州の工場の完全雇用をしなければならない。車両は新しいプラットフォームで稼働を立ち上げ、順次、数年先の市場に向けて他のEVカー(イプシロンやパンダなど)にも利用する意向だ。

ミラフィオーリ工場は、2020年初頭には製造開始しなければならないのだが、2018年における製造は需要の下落により稼働も落ちている。それに伴い2019年はレイオフへの対応などで過渡の年となる。さらにレヴァンテが中国市場での需要が落ち込でいる。

生産の下落の他の原因は、アルファロメオ・ミトの製造終了のアナウンスが7月にあったことも影響している。アルファロメオのエントリーモデルはミラフィオーリ工場では作られることはもう一切ないのだ。2019年内に、EVカー製造に向けて工場内もいくつかの変更も行われることになる。フィアット500Eによって、工場を短期間でフル稼働させることが出来ると期待されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)