ランボルギーニ、2020年には年間8.000台を限度とする

ランボルギーニCEOのステファノ・ドメニカリ氏は、2020年には、年間8.000台までしか、製造しないと明言している。彼はそのことをフェラーリで学んだ重要なことだと言っている。

Autocar

8.000台の構成は、半分の4.000台がウルスになり、残りの4.000台のうちウラカンEVOが2/3で、アヴェンタドールが1/3となる。この数量は、ドメニカリ氏によれば、社としてこれを超えることはしないという。このアナウンスは、フェラーリから最重要な件として学んだと説明している。高級ブランドとして、維持していくには年々競争が激しくなる市場では最善策である。

Motor1.com
Lamborghini.com

ドメニカリ氏は、今のところVWグループの細心の注意がなされた経営のお蔭で、実施されていることを承知しているのである。ブランドの独占権だけでなく、残存価値についても維持していかなければならない。クラシックフェラーリに至っての車両価格は上昇の一途辿っている。ランボルギーニもフェラーリ同様なブランド価値戦略を来年以降も大事にしていこうとしています。

ランボルギーニ、2020年には年間8.000台を限度とする」への2件のフィードバック

  1. こんばんは。ランボルギーニもしっかりとしたブランディングが構築されかけてますね。フェラーリ同様エントリーモデルは中古車なんでしょうね。その点、Maseratiの将来に不安を感じてしまいます。

    1. 確かに・・。今のマセラティは中途半端な感が否めませんね。リセールヴァリューが良くないイメージを払拭しないといけませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)