マセラティ、新しい見直し計画を準備をしている

FCAグループのNo.1は、ここ数カ月の間に、マセラティに関する戦略は的を得ていなかったと指摘している。SUVレヴァンテでさえ、当初の見込みの約束は守れず、売上減少は明白だと言う。2018年には7万5000台の計画目標を達成せねばならなかったところ、5万台に下方修正した。

マセラティとアルファロメオが接近したのは、マセラティにとって悪い状況となった。さらにトライデントブランドの大衆化により消費者もその様に見てしまった。FCAのCEOマイク・マンリー氏は遂にマセラティCEOをティモシー・クニスキス氏から、ハラルド・ウェスター氏を復活させて体制の立て直しをすることにした。今後数カ月のうちに、マセラティに関する重要なニュースの発表がいろいろあるだろうと、Investireoggiでは掲載している。

マセラティ、新しい見直し計画を準備をしている」への2件のフィードバック

  1. こんばんは。Maseratiのブランドイメージとは「唯一無二」の様な気がしてましたが、近年は他との差別化が難しいポジションへと突き進んで行った様な気がします。でもデ・トマソからFIATへの移行期をコントロールしたウェスター氏が戻って来る様なので期待したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)