ランチア・イプシロン、ハイブリッドになる??これが新しいニュースです。

Investireoggiによれば、イプシロンはイタリアでは、好評を受けているモデルの一つでもあります。このモデルは既に息の長いのモデルとなっている。それは最近ではイプシロンを購入する多くのイタリア人にとって、品質とリーズナブルな価格のお蔭の結果でもある。ここ数カ月で、ランチアの販売ラインナップでは唯一存在するイプシロンであるが、将来性について語られることが多いが、FCAグループでの新しい事業計画では何も想定していない。

ランチアのシティカーはハイブリッドヴァージョンとなるかは、数カ月以内にピエトロ・ゴルリエ氏(FCAサービス&部品責任者)によってアナウンスされるという・・。FCA内部でもイプシロンの販売好調な故に生産継続の説得しているとされている。3気筒1リットルファイヤーフライと呼ばれるハイブリッドエンジンが搭載されるかが、イプシロンのターニングポイントであり、その場合売上増加はされるだろうと言う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)