マセラティ:期待のコンパクトSUVは2021年から生産される

予てから噂されているマセラティ製のコンパクトSUVは2021年から生産をカッシーノ工場で始めるという。Investireoggiに掲載されている。

マセラティは来年以降に、ラインナップにおける新しい重要なシリーズ(コンパクトSUV)とともに再構築を試みるという。まぎれもなく期待されているマセラティ・コンパクトSUVはFCAグループのカッシーノ工場で生産されることになるという。最も新しい噂によれば2021年までには発売されるが、今だこのモデルの名前については不明だという。

マセラティの新しいコンパクトSUVはアルファロメオ・ステルビオと共にプラットフォーム・ジョルジオを使用することに共通している。さらにエンジンも共有化の可能性があるという。また、ハイブリッドバージョンもラインナップに加わり、サイズ的にはステルビオとほぼ同じぐらいになる。明白なことは2車のデザインは非常に違うものになるが、マセラティ・コンパクトSUVはレヴァンテと似ているものになるという。

追記:
残念ながら現時点ではマセラティのコンパクトSUVについては、キャンセルとなっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です