1年点検を終えて帰ってきたグレカーレの異音はどうなったか?結論から言うと対策は「無能」であった。

前回に書いたように走行中に発生するキーンとう金属音対策である電動サイドブレーキのアップデートをしてもらったが、結論から言うと何の改善もされなかったのだ、いや、、むしろその異音の発生はさらにますます酷くなりエンジンが温まってから異音が発生るるどころか、今日はエンジンを始動する直後からキーンという耳障音が発生。異音の発生する頻度は更に高まった。そして更にトンネル内では入った瞬間にその異音は大共鳴を起こし、並走して走っている他車にも酷い騒音をまき散らす大迷惑になった。したがって対策はかなり無能であったことが判明されたわけだ。いずれにしても何とかしてもらうので、再びグレカーレを預けることになる。1年点検から戻ってきたのは僅か1日だけで、再び横浜のディーラー工場入りとなった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください