フェラーリ・ポルトフィーノ

既に公開されたフェラーリ・ポルトフィーノですが、OmniAutoの「好奇心」というページに名前ポルトフィーノについて書かれている。

フェラーリ・ポルトフィーノはご存知フェラーリ・カルフォルニアの後継モデルであるが、今までの命名パターンとは何の関連性もないのである。セオリーで行けば過去に360モデナ・550マラネロ・599フィオラノなど、モデナ周辺の地名であったが、初めてイタリアの国内で別の場所となるわけだ。因みにポルトフィーノはイタリア有数の超高級リゾート地の地名だ。

ところでこのポルトフィーノという名前は過去に2つのクルマが存在した。1台はランボルギーニ・ポルトフィーノ・コンセプトで、30年前の1987年フランクフルトショウでお披露目されている4ドア・4座席でクライスラーデザインセンターが作ったものだ。

もう1台は、フィアット・フィオリーノ・ポルトフィーノ。こちらはレジャービークルで、ルーフもドアもない完全なレジャーマシンだ。

そのほかに、ポルトフィーノブルー(フォード米国)とポルトフィーノレッド(レンジローバー)という名のカラー名称が登録されている。

このポルトフィーノという名の特許はクライスラーに残っていて、FCAとフェラーリにもたらされたものだ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です