モデナのマセラティに朗報

Modena Todayによると、昨日、トリノでFCAグループ経営陣からアナウンスされた内容は、マセラティは2022年に2台のスーパースポーツを発表することと、現行グランツーリズモとグランカブリオの生産延長を発表したという。

現行モデルの延長と、2021年までに2台のスーパースポーツを発表すると同時にアルファ4Cは生産から外される。2台のスーパースポーツはモデナを拠点として生産される。また、マセラティとアルファロメオは2019年末から2020年の間まで開発されることになり、生産は2021年から始まる予定だと言う。さらに2台のスーパースポーツのうち少なくても1車種はEV仕様になる見込みだという。

このことがトリノから届いたモデナのマセラティ工場についての新しいニュースであるという。現在モデナ工場はほぼ開店休業状態であるが、労働者の雇用確保のためにグランツーリズモ・カブリオの不具合(リコール)作業や、労働者の研修トレーニングなどで工場の機能維持に費やしているのが現状だ。労組もこの新しい2つのモデルの早期生産開始に向けて、要請をしなければならないとしている。

モデナのマセラティに朗報」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)