イタリア・フェラーリ美術館で開催される2つの展示会

イタリア・フェラーリ美術館は最も訪問者が多い美術館の1つである。世界でも最も有名な自動車博物館の1つであることは不思議ではない。もしあなたが自動車好きでとりわけカバリーノランパンテが好きであれば、ここでちょうど2つの展示会を開催されているので、間違いなく訪れる価値があるとClubAlfaに掲載されている。

エンツォの執務室
本社工場正門

新しい展示会は特に創設者エンツォ・フェラーリを祝して、情熱と伝説をオブジェ、写真、当然にクルマも介して1947年から今日までのカバリーノランパンテの社史を見られます。フェラーリ神話を発見するには、F1をプライベートで使えるように想像されたスーパーカーはどのように計画されたか。

Ferrari 400

2つ目の展示会は題して「ドライヴェン・バイ・フェラーリ」。 エンツォは会社経営に専念するため、レーシングドライバーとしてのキャリアを終えた後も、クルマを運転することが好きであった。 そのクルマを集めたものだ。展示会はどのクルマも自らテストしたことを語る。最初に愛用したフェラーリ250GT  2+2から456GTまでが見られる。

Ferrari 250GT 2+2

またフェラーリ美術館は本社にあり、1990年にイタリア車とフェラーリの歴史上の遺品と写真と車両集め、開設された。レースでの勝利のトロフィーを飾った部屋には、15人のF1ドライバーのトロフィーと16個のコンストラクタータイトルのトロフィーが展示してある。

数々の F1トロフィー
F1展示ホール

2つの展示会は、来年5月まで展示されている。チケット価格は16€(約2000円)だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です