フィアット500ジャルディニエラについては

ロングホイールベースの500ジャルディニエラ、今のところはっきりはしていないが、500のボディを長くしたエステートバンが発売される予定だ。どの工場でつくられるのだろうか?Investireoggiではコメントしている。

先の6月1日に発表された事業計画の中の1つにあったモデルは、マスコミや愛好家の興味を引いたモデルだ。このモデルは500シリーズの新しい象徴でもあり、ロングホイールベースヴァージョンとして、顧客の選択肢となり500ファミリーの完成となるモデルだ。それはハッチバックとステーションワゴンの中間的なモデルとなる。

500Eとマセラティ・レヴァンテを製造するミラフィオーリ工場で生産されるアナウンスされたが、9月末の発表ではイタリアでは今後3年以内に生産されないとのこと。現時点では2つの可能性があるという。1つはセルビアとポーランドにあるFCAグループの工場だ。もう一つの可能性としてイタリア国内にて2021年以降にミラフィオーリかグルリアスコの工場で生産する。価格15、000€で始まるこのモデルについてあとは予測できていない。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください