マセラティ:完全な100%のEVメーカーとはならない…

マセラティアメリカのアル・ガードナーCEOは、マセラティが、完全なる100%のEV自動車メーカーに変わることは決してないだろうと、明らかにした。

このことは、アメリカのモータートレンドの取材でこう答えている。 「マセラティは内燃機関のエンジンが必要であり、つまりパワープラントについて、この種のクルマのみ与えられる純粋なエモーションが必要だ。」要するに、スポーツカーとりわけイタリアで製造されるクルマには、伝統的な内燃機関のエンジンに高い評価があり、EVエンジンではそれが出来ないと考えている。

アルフィエーリ、様々なタイプのエンジンが搭載されることになるのか❓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です