ヴィッラ・デステ2019に参加するドリームカー

参加予定車両:フェラーリ512Sモデューロ、 トゥーリング・グランカブリオペルシア 、 アレスデザイン・パンテーラ 、 ランボルギーニ・マルツァル 、ブガッティ ラ ヴォワチュール ノワール 、プジョー Eレジェンドコンセプト他

トゥーリング・グランカブリオペルシア(マセラティの名前は付かない)

5月24日(金)~26日(日)に開催されるヴィッラ・デステ2019。世界中で一番有名なクラシックカーの祭典だ。このイベントは実はクラシックカーだけではなく、ドリームカーやコンセプトカー、プロトタイプカーも多数出場するのだ。

アレスデザイン・パンテーラ

筆者は今年行けそうにない。 是非、お時間がある方は行って頂きたいイベントの一つでもあるので、行きかたをご教示します。
ヴィッラ・デステはコモ湖畔のチェルノッビオをという町で開催される。イタリアでも最高の避暑地として有名だ。 ハリウッドスターのジョージ・クルーニー もここに別荘を持っている。ここからスイスまでの国境は直ぐ近くなので、樹木は深い緑が茂った高い木が多く、湖畔と山間の街並みはイタリアらしくないのだ。街並みも中部イタリアの赤茶けた家ではなく、どちらかというとクリームっぽい。

しかし、町を歩いていると聴こえてくる言葉はイタリア語だ。ヴィラ・デステの会場を入ると、世界各国から集まって来ているのがわかる。イタリア語、英語、独語、仏語など飛び交っている。流石、国際イベントと感心する。
会場までの行方は超簡単。

ランボルギーニ・マルツァル

ミラノ中央駅からバーゼルかチューリッヒ行きのトレーニイタリア(イタリアのJR)に乗って 、サンジョバンニ駅で降りる。時間にして約40分。ここから会場のヴィッラ・デステまではタクシーで行くのが簡単です。筆者は帰りはバスで帰りました。会場周辺は当日は渋滞が激しくなる前に着いてください。会場時間は9:00からですから、少なくても8時45分ぐらいまでに、会場入口に到着するのが安心です。

会場到着したら入場券売場に並びますが、これも8時45分に到着した場合でもかなり待たされます(20分ぐらい)ので、予めインターネットでEチケットを購入した方が、並ぶ列が少なく済みます(Eチケットの列は短い)。現地で購入の場合は長蛇の列でした。筆者もそれを想定していたので、Eチケットで入場して正解でした。Eチケットは一般公開されるヴィラ・エルヴァでの入場で9.5€(約1、170円)です。

ラ ヴォワチュール ノワール

ヴィッラ・デステは、クラシックカーの祭典ですが、ドリームカーも沢山エントリーします。クラシックカーが好きな人、コンセプトカーが好きな人、何方が訪ねても満喫できるイベントです。

Peugeot E-Legend Concept

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です