マセラティ:殆ど忘れられ、今や発見されないマセラティバイク、戦後のイタリアの歴史の一片を記す

モーターバイクの熱心な愛好家でさえも、トライデントのロゴが付いたクラッシクバイクに会うと、偽物かとても趣味の悪いカスタマイズと考える。
Omnimoto

歴史
モデル
オークション

しかしそれはNoです。何故ならそれはクルマと全く関係なくても、バイクは存在していた。

歴史:1953年に全て始まる。オルシ兄弟はマセラティ社のオーナーであったが、兄弟の間で会社を分けることになった。アイーダ・オルシは自動車部品の会社(スパークプラグやバッテリー)のオーナーであったが、危機的な状況であった。しかし、イタルモトを買収して、バイクの製造を始めた。バイクにマセラティ社のロゴと名前はバッジネームとしてつけられたが、実際にはクルマの特別仕様としての製造の繋がりはなかった。

モデル:マセラティのバイクは18モデルが作られた。全て単気筒エンジンである。50CC~250CC まであったが、そのうち250 T4 GTはプロトタイプレースに出場。ベースはイタルモトの設計だった。1960年に、MVアグスタ、モトモリーニ、べネッリ、ラベルダなどの競合により製造を止めた。

オークション:最近では、フランスのアルティクリア―ルのオークションでは、非常に珍しい正規のマセラティバイク125はお蔭で頂点に復帰した。2年前にレストアされ完璧な状態となっている。小さなモデナのモトクロスバイクは、11.000€(135万円)~15.000€(185万円)の価格が付けられた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です