ランボルギーニ:ウラカンのサポートカーがボローニャ空港に

ウラカンRWD580馬力のサポートカーが、地元ランボルギーニのお膝元であるボローニャ空港に就業した。

これは、ルーフに黄色い点滅ライトを装備して、飛行機を誘導するための特別装備。ボディはシルバーにイエローのライン、ドアの上部には「Follow me」と書かれ、下部にはイタリアのトリコローレが描かれている。今回で2台目となるが、最初のウラカンはLP610-4(4WD610馬力)だったが、今回はRWD(580馬力)の採用となった。

This and many more photos of Lamborghinis are available on www.LamboCARS.com
LP610-4

ボローニャ空港は、日本からは直通便はないが、ヨーロッパ内のハブ空港経由で行ける。スーパーカーファンがイタリアへ行くなら必ずこの空港を使うと便利。
ランボルギーニ本社のサンタアガタ・ボロネーゼからとても近く、まさにお膝元である。それ故に、空港内にはランボルギーニの新車の展示ブースやフェラーリショップのお店もあり、遂にスーパーカーの聖地に来たと実感するところでもある。筆者も今度9月にはこの空港を利用するので、この贅沢なウラカンのサポートカーを是非拝見したい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください