マセラティ:仮説の7代目クアトロポルテ

イタリアでは、例えばフェラーリやランボルギーニのようなとても重要な自動車メーカーがいろいろありますが、唯一プレミアムブランドとしてのみイメージされているのは、それはすなわちマセラティである。トライデントのクルマを語る時に、クアトロポルテは現時点である意味では最良の提案である。さらに唯一の4ドアでもある。 ClubAlfa

この記事におけるレンダリング画は「L’Ultimo(最新)」というネーミングで、提案されている。次世代のクアトロポルテは完全EVモデルとしてイメージされ、デザイナーのマーカス・ジェットにより実現された。トライデントの次世代高級車は2022年にデビュウするだろうと既に確認されている。そして完全なEVモデルであろう。

自由なデザインにより、この特別なコンセプト・マセラティの詳細なプロジェクトは、クアトロポルテに非常によく似た特徴的なデザインで、いろいろな要素を提示している。「Maserati L’Ultimo(最新)」の室内インテリアは、リアシートに快適なソファーベッドを装備した特別なものとなっている。

さらに特徴的な機能として、ドアミラーはカメラに代わり、収納式のドアハンドル、巨大なホイール、室内の照明、ステアリングホイールに取り付けられたモニター、その他多数の装備。

現行クアトロポルテは、2013年のデトロイトショーでデビュウした。既に10年近いモデルだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください