マセラティ:スピード・華美・人間らしさ

ESQUIREにマセラティの歴史と魅力について掲載されている。
モデナの自動車メーカーは歴史的な遺産であり、世界でも洗練された象徴とエレガンスとイタリアンスタイルがある。
マセラティ4CL
ボローニャからモデナへ
スピード記録
家族、労働者
グレートドライバー
スピード、華美、人間らしさ
洗練とエレガンスとイタリアンスタイル
テノール歌手とシェフ
トリノとモデナの工場
メイドインイタリー
工場リニューアル

マセラティ4CL
私は、ピットストップかあるいはテストドライブ中の祖父の写真を持っている。マセラティ4CLである。彼の隣には1940年代のレーシングチームの歴史的なチーフメカニックのグエリーノ・ベルトッキがいる。タイヤ交換、ドライバーは誰だったか?太陽がフロントガラスを反射し、隠されているので知ることが出来ない。いずれにしても、遺産は残っている。

ボローニャからモデナへ
モデナのマセラティについて話すことは、そのことについて世界に誇るエミリア人が贈る4つか5つのうちの言葉の1つです。ブランド、我々は従妹のボローニャのライバルに喘いでいた。この地域に我々が生活を幸福にすることについて既に充分である。それは1937年に、マセラティ兄弟は、会社をオルシ家に売ったのだ。会社もボローニャからモデナに移した。

スピード記録
当時、ボローニャのマッジョーレ広場のネプチューン像と同じであるトライデントは、既に成功を収めている。1914年に創立して、1926年にタルガ・フローリオに勝利をして戻る。1928年にはマリオ・ウンベルト・ボルザッキーニが10kmの距離を247.933km/hで走った。時間と共に、スピードと華美の世界においてますます同義となるだろう。
そのことは私にとって、2つのエピソードは象徴的です。それはインディ500マイルで1939年・1940年と2年連続勝利したこと。今や伝説となっているが、ペルシアのパーレビ国王がチーロ・メノッティ工場へ訪問したことと、60年代に純金で仕上げられた5000GTが用意されたことです。

家族、労働者 
しかし、スピードと華美は成功の原則について、たった2つだけ要素では成り立たない。「マセラティ兄弟は技術的な遺産だけでなく人間らしさ(慈愛)も残している。それは労働者と管理者の人間的な結びつけを可能にしたことである。我々からいつも家族について話をした。」マセラティの生き字引であるエルマンノ・コッザ氏は説明する。彼は、1951年10月23日にマセラティ社に見習工として入社し、60年以上も在籍している。「チームスピリットはみんなが一つになることである。クリスマスの日でさえ、レースに向けてエンジンを仕上げなければならず、一生懸命に働いた。」

グレートドライバー
トライデントの轟音によるレースは命の危険さえもあったが、 グレートドライバーのファンジオを始め、みんな(社員)は、家族の一員であった。
コッザ氏は覚えている。「手を使い、足をつかい、頭を使い、ドライブした。時代にもよるが、絶対的なドライバーは、それは1930~40年代のヌボラーリ、1950年代はファンジオだけだった。」

スピード、華美、人間らしさ
これは歴史的な遺産です。マセラティのクルマはポルトローナフラウのシートからアラカンターラで仕上げられた室内まで、全てメイドインイタリーによる40、000通り以上のカスタマイズが提供する細心の配慮がされる。

洗練とエレガンスとイタリアンスタイル
「マセラティは常にマセラティである。画一化的で標準的な適合はしない。」とウンベルト・チーニ(マセラティゼネラルマネージャー)は説明する。この強固なアイデンテティーは60カ国以上の国に提供されている。ブランドとして世界中に洗練とエレガンスとイタリアンスタイルを証明し続けている。そして私達は、マセラティの本拠であるイタリアが長年にわたりヨーロッパでのプレミアムブランド市場としての地位を確立し続けていることを嬉しく思います」。

テノール歌手とシェフ
特にモデナの人々、モデナの町、イタリア、強い絆があります。ルチアーノ・パヴァロッティの最初のマセラティは1963年製のアッズーロのセブリングでした。マッシモ・ボットゥーラは2015年からマセラティとパートナー契約により、レヴァンテを所有している。

トリノとモデナの工場
トリノでは、よりスポーティなギブリ、レヴァンテ、クアトロポルテが製造され、モデナのチーロメノッティの歴史的工場では、手作業により完成まで3ヶ月を要するグランツーリスモ、グランカブリオがある。引継がれる遺産である。

メイドインイタリー
チーロメノッティのモデナ工場は、伝統のマセラティのコンセプトと継承と革新を融合するため、高い技術を包含しています。それは経験と積み重ねにより会得されるノウハウと価値観であるとウンベルト・チーニ (マセラティゼネラルマネージャー) は語っています。世界における価値ある製品の実現、「メイドインイタリー」の素晴らしい長所は独創と特別な細部に至るまでの細心の品質への気配りを有している。

工場リニューアル
秋には、全面的にリニューアルされる現行の製造ラインの改修工事が始まる予定です。来年の前半にはマセラティブランドのトライデント・スピリットを持った本当のスポーツカーとして、新しいモデルの最初のプレシリーズが実現されます。私の祖父は出荷前のマセラティの仕上げに向けてボディを輝かせて、マセラティの「駆り立てるポイント」常にを常に考えているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください