ランボルギーニ:ミウラ永遠の美

ソフィア・ローレンとフランク・シナトラ
スタイル
若きデザイナー・マルチェッロ・ガンディーニ

横置ミッドシップエンジン
質的飛躍

ランボルギーニ・ミウラは今でも世界における学びのエレガンスとスポーツのお手本です。News F1 it から 

ソフィア・ローレンとフランク・シナトラ
アメリカ人は、定義します。「ソフィア・ローレンに次いで、最も曲線美なイタリア人(車)だ。」
フランク・シナトラは1969年にミウラを購入した。彼がミウラを選んだことについてこう説明している。「何人かはフェラーリを買うと思われたい人、しかし既に何人かは既にランボルギーニを選ぶ人。」

スタイル
性能と能力、エンジンサウンドはスーパーカーにとって、非常に重要なキャラクターであるが、私の考えでは、時にそれは充分ではない。。。コックピットシートに座る前に、そしてエンジンをかける前に、目を開けて夢を見なければならない。それはスタイルだ!このデザインは、イブニングドレスを着た美しい女性のように、クルマを見るだけで、あなたを興奮させるのです。そして所謂一目ぼれに墜ち入ります。恋愛の話しですいません。しかしそれが私が考える良い例えです。

むしろデザインスタイルについて話をしていたのは、怪物のようなスーパーカーやハイパーカーとしてのこれらのクルマは、概してクルマの成功するか否かを確定するのはスタイルです。ファンの心を壊さなかったからです。ランボルギーニ・ミウラは半世紀以上も経つクルマですが、未だに常に最も美しく希望のクルマとしてそのポジションは、王位の座であり、天上界にあります。

若きデザイナー・マルチェッロ・ガンディーニ
技術的な面では、ミウラはベルト―ネスタイルセンターで、創生され考えられた。当時の若きデザイナー・マルチェッロ・ガンディーニよるものである。1966年のジュネーブショーで発表された時、予期せざるプレゼンテーションによって、他の全てのクルマは不幸にして老朽化したのだ。ミウラはランボルギーニとって、センセーショナルな成功となった。ランボルギーニにとって、このミウラは信じられない程の宣伝になった。ミウラの名前は闘牛に関するインスピレートされた最初のモデルだった。

横置ミッドシップエンジン
もう一つの特徴として、既存のグランツーリスモと差別化するための設計図だった。既存のグランツーリスモであれば、フロントエンジンによる後輪駆動であるが、ランボルギーニは多くのクルマと差別化するためミッドシップとした。さらに、スペースを稼ぐため横置きにしたのだ。エンジンは60°V型12気筒からベースヴァージョンで 350馬力を発揮した。最高速276km/h、0~100km/hはわずか6.3秒で達した。

質的飛躍
つまり、ミウラは「質的の飛躍」を本当にやってのけたので、フェラーリとマセラティのライバルとなった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください