フィアット:500eは2020年にデビュウします

GQ Italia

フィアット500がデビュウします。 記念日は常にその魅力を持っているので、過去と未来を結ぶ象徴的な架け橋として、FCAはミラフィオリ工場の80年を迎えました。 かつては世界の自動車生産で卓越した柱となりました。 新しいフィアット500eの製造に新たに革新的なロボットアームを導入します。ここ最近にゼロエミッションのシティカーの製造ラインが始まった。初期ロット製造は年内を予想され、生産能力は年間80,000台とされている。

ゼロエミッションの500はEVカーとして未発表で特殊なプラットフォームから生まれることになり、さらに他のモデルへの使用されることになる。この500が皆さん全員が知っていて2007年以来市場に出回っている伝統的なものとして現行モデルであるのか 、あるいは「グリーン」バージョンの到来がラインナップを完全に刷新する機会になるのかは、現時点ではまだはっきりしない。

「500 BEV(Battery Electric Vehicle)は、デザイン、機械工学をここに全て考えられた真の製品は「メイド・イン・フィアット」「メインド・イン・トリノ」であると、FCAのヨーロッパのマネージャーであるピエトロ・ゴルリエ―ル氏は説明しました。我々の会社とこの町の豊かさによって、創造と革新の能力について卓越した例です。

トリノには既に電気分野について優秀な人材を、新しい開発センターに260名採用した。500eはトリノ生産センターへの初期投資であり、さらにマセラティ・レヴァンテの更新計画にも続くことになると、 ピエトロ・ゴルリエ―ル 氏は強調して付加えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください