フィアット:500eは公道テスト始めてます

デビュウまであと1年を切っているフィアットが作る初めての500e(エレットリカ)は、テストを不意にしているが、500eは後輪駆動という説もあるという。

500eエレットリカは現行500のプラットフォームではなく、EVカーとして特化した未発表の構造をベースにしており、2013年以来アメリカで販売されていた500eとは全くの別物となる。これは「メイド・イン・イタリー」としての計画で、ミラフィオリ工場で製造されることになり、年間7億ユーロの投資で適切に調整され、年間約8万台の組み立てられることになる。(詳細はこちら)。生産開始は2020年に予定されている。

500eの発表について、発表されるフランクフルトモーターショーを待っている間に、Motor Authorityのスパイ画像が流出した。フィアット500eのフォルムはカモフラージュにより後ろにまだはっきりと見て取れない。さもなければモデルの象徴的を与えることができない。それは伝統的な500に似たスタイルになりますが、新しい500eとしての差別化することになるという。

技術面(バッテリー、エンジン、走行距離)について話すのはまだ早いが、500eが1957年の先祖のように、リアエンジンによる後輪駆動になる可能性があるというのだ。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください