マセラティ:来年でてくるEVスポーツカーは、アルフィエーリに似ていないかもしれない?

「アルフィエーリは、死んでいるかもしれない。しかし逆に全てを一帰して、さらにもっと美しいモデルが登場する。」というのだ。ClubAlfaより

12年続いたグランツーリスモは、来年新たに完全なEVスポーツカーに代わることになる。2014年に発表されたコンセプトアルフィエーリが、それである。しかし、実際にはアルフィエーリプロジェクトは既に死んでおり、新たな完全EVスポーツカーが登場するという。何故か…、マセラティの全EV化計画にモジュラープラットフォームを最大限利用するために、デザインの変更が必要になったという。2022年末までに販売するすべてのモデルに電動パワートレインを提供するというマセラティの計画がある。

また、かねてから噂のあったマセラティのコンパクトSUVは、アルファロメオ・ステルビオのプラットフォームを使用することはせず、マセラティの モジュラープラットフォーム を使用することになる。新しいSUVは2021年末までにデビューすると予想されている。マセラティのEV推進ユニットは、最大3個の電気モーターで構成され、800Vを出すことが出来る。おそらく、それはフェラーリと一緒に開発されることになり、1つ以上の電気エンジンと結合された3リットルのV6 biturboパワートレインの存在があるという。
またもやここに来て2転3転するのか??フェラーリとエンジンは共同開発といこうことになるのか?? 
今後の推移もフォローしていこう。

新しいマセラティ次期グランツーリスモはフル電動スポーツカーとして、来年3月のジュネーブモーターショーで正式に発表される可能性があり、販売は2021年あるいは2022年に開始されることになる。
現行グランツーリズモの生産はついに今年の12月に終了する。

マセラティ:来年でてくるEVスポーツカーは、アルフィエーリに似ていないかもしれない?」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください