フェラーリ:年内にあとニューモデルが3台控えている

フェラーリは今年ニューモデルを5台だすと発表しているが、最初の1台目はご存知の通り最後の内燃機関エンジンを搭載することになるであろうF8トリブートである。

次はセンセーショナルにデビューした初のプラグインハイブリッドであるSF90ストラダーレ。

3台目はこれについてはあくまで想定であるが、9月のフランクフルトショーで正式にデビュウとされる812スーパーファスト・スパイダーを予定しているようだ。

それでは…、4台目はどんなモデルが登場するのであろうか??
以前オートカーのインタビューにフェラーリのマーケティングディレクターであるエンリコ・ガレリア氏は「今年は5台のニューモデルを市場に投入する。」と言っている。そのうえで新しいセグメントの構築を目標として、新たな顧客の獲得に向けて「違う何か」を探している顧客が沢山居ることへの対応だというのだ。いうなれば、フェラーリはスーパーカー市場の独占権を失うことなく成長を続けることにある。

4台目は、第2のハイブリッドモデルの登場が予想されている。SF90ストラダーレのような完全なプラグインハイブリッドではないが、エントリーモデルとしての位置づけとなるようだ。来月にもこの情報は明らかになるかもしれない。引き続きフェラーリ情報をフォローしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください