ランチア:2022年にリニューアルされる新しいSUVか

ランチアは、2019年も販売は好調に推移しています。
2020年の初頭には新しいエンジンであるマイクロハイブリッド技術による72馬力の1.0Lファイヤーフライエンジンが投入されます。この新しいエンジンの採用により、ランチアはさらに10~15%の成長を目指します。

2021年には待望の次期イプシロンが登場する予定です。この車は、マイクロハイブリッドテクノロジーも搭載した最新世代のガソリンエンジンを採用します。全長は4mを超え、荷物の収納スペースも拡大されます。ガソリンエンジンは、従来通りポーランドの工場で製造されますが、ハイブリッドヴァージョンは、ミラフィオーリ工場で製造される予定です。

2022年に新しいフィアット500Xがデビュウする予定ですが、それと並列するモデルを少量ですが製造する考えています。2022年から2023年の初頭にかけてデビュウします。ランチア・ムーザになるかもしれません。

ランチアのコンセプトモデルで、オフィシャルなモデルではありませんが、新しいSUVとしてインスピレートされます。このモデルが、再びランチアを復活させる機会となるかもしれません。全長は420cm、5人乗り、400mlの積載能力があります。

ファイヤーフライエンジンは100~150馬力、マイクロハイブリッドヴァージョンは160~180馬力とされます。インテリアは現行イプシロンに準じ豪華な装備にイタリアモードにカスタマイズも可能です。マニュアルシフトとATモードを選べます。駆動方式はFFとなります。新しいイプシロンとは別に誕生するSUVムーザの登場で、ランチアは以前のようなハイオリティなブランドとして復活するはずです。今後の推移をフォローして行きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください