アルファロメオ:ジュリア・クアドリフォリオのフェイスリフトか

これは2021年に出てくると予想されるジュリアクアドリフォリオのレンダリング画像が公開されています。アルファロメオがFRのセダンを市場に投入してから数年が経過しています。デビュウは2015年でした。市場に投入されたのは翌年の2016年の2月からでした。
さらに、フェラーリによってジョルジオのプラットフォームと、クアドリフォリオバージョンでは510hpと600 nmの最大トルクを備えたパワフルな2.9リットルのV6ツインターボのエンジンでアルファロメオ を支援してから4年が経過しました。デビューから数年が経過しましたが、アルファロメオジュリアは、プレミアムコンパクトセダンのセグメントで、まだ十分に健闘しています。しかし、販売は下降線を辿っています。

デビュウから4年が経過したことから、アルファロメオは2020年モデを途中で変更する必要がありましたが、ご存知の通り最近の事業計画の変更によりGTVと8Cの製造計画がキャンセルされました。 したがってコンパクトなクロスオーバーのトナーレに注力する事になります。
アルファロメオジュリアのリスタイリングはステルヴィオのリスタイリングとともに2021年には販売されることが確認されています。 イタリアのデジタルアーティストは、初めて捕捉されたスパイ写真を見るのと同じくして、Instagramでいくつかのレンダリングを出しています。

このレンダリングを見るとこれからのアルファロメオ のトレンドスタイルは、トナーレのようなフェイスリフトの方向性でしょうか。
今後も、アルファロメオをフォローして行きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください