ランチア:B-SUVの他に、新しいデルタとテーマのアイデアもある?

これはPSAとFCAの統合によって、現行イプシロン以外に新しいモデルが出てくる可能性が高まっているのです。新CEOであるカルロス・タバレス氏は、ランチアブランドはそのまま継続させることをアナウンスしています。

新しいデルタとテーマが誕生する可能性は、PSA内で現在シトロエンおよびDSモデル(DS9および新しいオペルを含む)、プジョー308、3008、508、5008に使用されるEMP2プラットフォーム(電動化可能)をそのまま使用出来る可能性が高まっているからです。

FCAとPSAの統合されたことによる一つのメリットとして表すことが出来るのです。新生ランチアブランドのプロジェクトが本当に進むかは、今後の推移をフォローして行きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください