ランチア:世界で最も美しいスパイダーの一つアウレリアB24Sスパイダー

多くの自動車愛好家によって、このランチアのスパイダーは世界でも最も美しいクルマと評価されています。

完璧にレストアされた1955年ピニンファリーナ製のアウレリアB24Sスパイダー(No.1156)が、来年1月16日にボナムスのオークションにかけられます。

落札予定価格は、770,000~950,000€(約9、400万~1億1600万円)とされています。このスパイダーは、特にオリジナルのボディワークを維持された希少性もあり、非常に望ましい個体で完璧にレストアされています。

機械的な部分では、高性能なナルディ製のダブルキャブレターが装備されています。ミッレ・ミリアやぺブルビーチのコンコルソには、直ぐに出られます。エンジンはV6エンジンで、2.4Lから118馬力を発揮し、4速マニュアルシフトで後輪を駆動します。最高速は174km/hに達しました。ピニンファリーナによるスタイリングは評判を呼び人気を博しました。

とりわけこのモデルは、ピニンファリーナによるデザイン的な特徴としてフロントウインドウにあります。ラップアラウンドしているフロントウインドウは、スパイダーのスタイルをスッキリと美しく際立たせています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください