ランボルギーニ:ウルス・ハイブリッドヴァージョンを開発中です

これはほぼ確実になります。ランボルギーニ・シアンの開発に携わった研究・開発部門取締役のマウリツィオ・レッジャーニが、ラスベガスで開催されているコンシューマーエレクトロニックショーで、ウルス・ハイブリッドヴァージョンを開発していることをほのめかしました。

昨年デビュウを果たしたランボルギーニ初のハイブリッドカーであるシアンですが、実はランボルギーニの電化に向けての本命は、ウルスとなるようです。それはウルスがランボルギーニのラインナップの中で、一番販売台数が増加しているからに外なりません。そして開発の進行状況はかなり進んでいることを示唆しました。しかしながら、このウルス・ハイブリッドヴァージョンについての詳細について、マウリツィオ・レッジャーニは明らかにしませんでした。

デビュウは2021年の早い段階とされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください