ランボルギーニ:サンタアガタボロネーゼの工場休止です

CEOステファノ・ドメニカリ氏は、「我々に感染者は居ないが、万全の体制を期します。」とアナウンスしました。

サンタアガタボロネーゼの工場ラインは3月25日まで生産をストップすることになります。ランボルギーニ史上で、未だかつてない出来事です。
ドメニカリ氏はこう述べています。
従業員の安全な健康を優先することが先決です。1963年に創業以来、このような長きにわたり休業するのは、今だかつてありませんでした。

政府の感染対策のガイドラインに沿って進めるために、工場休業をすることが必要です。世界は変わってきています。
幸いなことに、従業員に感染者は居ませんが、従業員の健康が最優先です。また、再開する時は、工場の生産計画や戦略を見直ししなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください