マセラティ:東京にMC20上陸(1)

世界同時にデビュウとなったMC20は、東京でも出現しました。

これが東京に上陸したMC20だ。
カラーはイエローですが、見る角度によってブルーが光って見えます。このペイントはおそらく新しいペイントプラントでカラーリングされたもので、最近ではパールホワイトのボディに、時としてブルーが光るカラーリングのグランツーリスモや、最後のグランツーリスモのZEDAがこの手法によってペインティングされています。今後のマセラティのカラーラインナップはこの手法によるペインティングが主力となるのかもしれません。

MC20のアンベイルの前に、マセラティ・アジアン・パシフィックのルカ・デルフィーノ氏から、ご挨拶がありました。

既にお気づきかもしれませんが、フロントグリルに輝くトライデント。これが少し変わったことが判ります。そうです、左右の矛先の右と左に伸びるカーブが、今までのトライデントより、真っ直ぐになっています。70年代あたりのボーラについていたフロントのトライデントにそっくりです。いわば復古調のデザイン回帰となっています。今後は全てこのトライデントで統一されるはずです。同時に字体も新しいものに変わっています。

こちらはリアCピラーにあるトライデントです。これも以前のトライデントは三叉の鉾の下部にサエッタ(電光パターン)が貫いてありましたが、無くなっています。

そして驚きの注目ガルウィングドア!

このMC20には、フロント、245/35/ZR20、リア、305/30ZR/20のタイヤです。ブランドはブリジストン・ポテンザを装着しています。

続きは(2)へ

マセラティ:東京にMC20上陸(1)」への2件のフィードバック

  1. かっこいいですね〜実際見るともっとかっこいいのでしょうね!日本でもすでに見れるのですか?限定生産だと、上顧客じゃないと購入できないのでしょうね…

    1. そうですね~。時代はどんどん変化しています。日本は重要なマーケットですから、イタリアと同時に見れました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください