マセラティ:次世代グランツーリスモは来年の半ばに登場か

開発中の次世代グランツーリスモは、最終段階のところまで来ているようだ。

エンジンは、MC20と同じV6のネットゥーノと呼ばれるチーロメノッティ工場で作られる自社製エンジンと、3つの電気モーターで駆動され700馬力は発揮するBEVヴァージョンも予定されている。
この次世代グラントゥーリスモは、来年6月にはデビュウするという情報だ。

ボディスタイルは、先代グランツーリスモの基本シルエットを引き継ぐ2+2レイアウトのロングノーズ・ショートデッキスタイルになるようだ。エンジンはフロントに搭載され、後輪駆動となる。フロント周りは、MC20と同様に新デザインに改められたクロームメッキのトライデントエンブレムと、MC20と近似したヘッドランプとなるようだ。全長は先代モデルより10cm程少し短くなり、4m80cmぐらいになるという。
2023年には、次世代グランカブリオと BEVヴァージョンも投入されるようだ。グランツーリスモフォルゴーレBEV(仮称)は、フロント1基、リアに2基の電気モーターを搭載して、全輪駆動トラクションによって加速されます。マセラティ初の4X4クーペとなる。
次世代グランツーリスモについては、引き続きニュースをフォローしていきます。

マセラティ:次世代グランツーリスモは来年の半ばに登場か」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください