ジリ貧が続くアルファロメオ

イタリア国内の8月の販売成績が公開されています。
アルファロメオは、昨年比べて、販売台数が65%近くダウンしています。

フィアットも昨年比で24%のダウン。ランチアはロングセラーのイプシロンがモデル末期とは言え、何とか持ちこたえている感じです。昨年比10%のダウン。マセラティは逆に昨年比63%増。ギブリハイブリッドかMC20が貢献しているのでしょうか?ランボルギーニはほぼ横ばい。フェラーリは微増の昨年比23%増。これはローマの販売によるものか。

モデル別を見ると相変わらずイタリアは小型車天国(当たり前か)。ほとんどは2ボックスのハッチバック、小型SUVで占められています。ベスト3は1位パンダ、2位500、3位イプシロンのイタリア国産車。ベスト50に、アルファロメオのジュリアもステルビオも入らずランキング外。ランチアは唯一のモデル・イプシロンだけで2、066台、対するアルファロメオは、ジュリアとステルビオの現行販売の2車種を足して472台となっている。アルファロメオの販売低迷に終止符を打つのは、ニューモデルSUVのトナーレの登場をひたすら待つしかない状態だ。

こちらはBEVモデルの8月の販売ランキング。フィアットは全体の販売台数は落ちているが、500eだけは、飛躍的に販売台数が伸びているのが判る。

ジリ貧が続くアルファロメオ」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください