• ついにセカンドライフが始まるイタリア車好きのブログです。

1906年11月27日にヴィンチェンゾ・ランチアによって創業されたランチア社は、来年デビュウする新型イプシロンのティーザー動画を公開した。
来年2月にミラノで発表される新型イプシロンは、最初の限定モデルとして創立年度である1906年にちなんで、1906台の限定生産される「イプシロン・エディツィオーネ・リミッタータ・カッシーナ」というネーミングのモデルが発表されることになる。このモデルは100%のBEVとなるようだ。ティーザー動像はたった10秒そこそこであるが、車内のインテリアと思しきまるでコーヒーテーブルのごとき部分に「CASSINA 1 di 1906」と刻印されているのが判る。 

新型イプシロンの発表は来年の2月に予定されており、今後数週間のうちに一連の詳細が発表されるという。乞うご期待を!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください