ウラカンは3年間で8,000台を達成

Al Volante itによれば、Lamborghini Huracanは3年間で8,000台を生産しました。

サンタ・アガタ・ボロネーゼにある工場から、2016年は2,353台、今年は3,457台が生産され、トータルで8,000台となった。

8,000台目はGrgioLynxというカラーのSpyderであった。Lamborghiniとしては、大成功を収めた Gallardoの後継モデルとして、AUDI R8とシャーシとメカニズムを共有し、ベース価格で最も手の届きやすい価格が商業的にも成功したモデルである。2014年にCoupeモデルを投入し、遅れてSpyderも加わった。

スーパーカーとしては異例の生産台数を記録しているが、未だに手作りの行程があるにしても年々増え続けるスーパーカーについて、筆者はそんなに売れなくても良いと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)