ランボルギーニに4ドアセダンか?

La Stampaによれば、ランボルギーニのスポーツSUVの次は、高性能セダンを考えているそうだ。

スポーツSUVであるウルスは12月4日に発表される予定であるが、更にランボルギーニでは高性能4ドアセダンの出す意向のようだ。そして基本メカニズムは同じVWグループのポルシェ・パナメーラを系統することができるというのだ。ランボルギーニの将来に向けての事業拡大を発展させる構想を既に分析調査しているのだ。第四のモデルのセダンのゴーサインの影響は、ウルスの成功次第なのだ。アヴェンタドールSとウラカンとウルスの体制に加わる第四モデルのセダンの開発進行させるには、ウルスが起爆剤となりえる。ウルスはランボルギーニにとってそういう面で、生産量や事業利益、顧客への満足度、さらにクルマとしてのデイリーユースでの使い勝手など、会社の方向転換になるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)