ミラフィオーリ工場で作られる第二のマセラティSUV

Al Volanteによれば、マセラティ・レヴァンテより小さいSUVはトリノ・ミラフィオーリ工場でアルファロメオ・ミトが7月に生産終了したところで作られると言う。

FCAグループはミラフィオーリ工場を第二のマセラティSUVの生産拠点として選んだ。この大きなトリノ工場は現時点では実際にレヴァンテと小型車のアルファ・ミトを生産している。使用者と労働者側のミーティングで、工場稼働維持の必要性から意見の一致が見られた。7月にミトは生産終了が予定されている。同時に1052人がミラフィオーリ工場からグルリアスコ工場に異動するだろう。しかし、新しいSUVがミラフィオーリ上場で生産を始めれば1部の従業員はまた戻るだろう。期待される新しいSUVはレヴァンテより小さくコストもそれほど高くないだろう。レヴァンテより全長は30CM短くスポーティさを裏切らない。アルファロメオ・ステルビオ、ジャガーFーPace、マカンなどと同じカテゴリーに属すことになる。

ミラフィオーリ工場で作られる第二のマセラティSUV」への2件のフィードバック

  1. だと思います。
    マセラティはレヴァンテより小さいモデルを。
    アルファはステルビオより大きいモデルを。
    ダブりますね。無駄なような気がします。しかし、イタリア車はやはりベルリネッタ(クーペ)が王道です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)